印刷する

在宅医療のご案内

在宅医療・訪問診療

医療法人 凰和会 ふじみ野中央クリニックでは、在宅・施設での訪問診療を行っております。 訪問診療は当院の医師が患者様のご自宅や施設を定期的に訪問し、診療をお受け頂くことができるものです。(往診とは異なります)
在宅で療養されている患者様に適切な医療を提供するとともに、保健、医療、そして福祉との連携を図りながら、患者とその御家族の方々が地域のなかでより良い療養生活をしていただけるような在宅ケア体制です。
訪問診療をお受けいただくことが出来る方は次のような方です。
  • ご自宅で療養している方
  • 疾病、傷病のために通院が困難な方
  • 退院後、ご自宅で療養生活を送る方
  • 末期癌、終末期をご自宅で迎えたい方
訪問診療では次のような医療をお受け頂くことができます。 
  • 定期的な医師による診療(診察の回数は患者様の病態により異なります)
  • 血液検査、尿検査、心電図などの検査を随時行うことが可能です。
診療内容は内科が中心ですが、以下の処置も行います。
  • 静脈注射、点滴、高カロリー輸液(IVH)、経鼻栄養、胃ろう管理、膀胱留置カテーテル管理、在宅酸素、人工呼吸器管理、褥瘡(床ずれ) など
月2回の定期訪問診療と費用の例
病状に変化があり、かつ24 時間の対応を必要とする患者さまに対して、あらかじめ日程を組み月2 回訪問します。主に寝たきりもしくは寝たきりに準じた、通院が困難な患者様を対象に行っております。夜間・休日を含め、24 時間を通して病状の変化に対応できるよう、当院は地方社会保険事務局に届出を行った在宅療養支援診療所であり、緊急連絡体制をとっております。
訪問日以外の臨時往診につき840円が加算されます。緊急・夜間・深夜・休日の往診につきましても別途料金が加算されます。それに伴う治療の費用、及び治療に関する電話相談は、医療保険の対象となるため、以下の一部負担金がかかります。
・75歳以上、後期高齢者(保険証法別番号39)
1割または3割として月額約6,000円〜の負担金(特定施設入居者の方は4,400円〜)がかかります。但し、厚生労働大臣が定める基準により老人医療の場合、1割負担の方の負担金は最高12,000円(月額)までとなります。
3割負担の方の負担金は最高44,400円(月額)までとなります。
(※平成14年9月30日以前に70歳の誕生日を迎えた方を含む)
・70歳以上75歳未満、前期高齢者
1割または3割として月額約6,000円〜の負担金(特定施設入居者の方は4,400円〜)がかかります。
その他

当院の在宅訪問診療をお受け頂くまでの流れは次の通りです。(最短でお申し込みより約3日目)

在宅訪問診療のご相談、申込み 在宅訪問診療計画の制作 医師による訪問診療開始

 

印刷する